シーシャを吸うメリット・デメリットとは?知って得する関連情報を詳しく紹介

当サイトではシーシャにまつわる、知って得する関連情報を詳しく紹介しています。
吸うメリット・デメリットについても解説していますので、興味があるので吸ってみたいと考えているのなら魅力と注意点について知っておくとよいでしょう。
なぜ今これほどまで水タバコが人気を集めているのか疑問に思う人もいると思われますが、理由を知れば納得感があるはずです。
水タバコはどんな場所でも吸うことができるのかに関しても知っておくのがお勧めです。

シーシャを吸うメリット・デメリットとは?知って得する関連情報を詳しく紹介

シーシャ関連の情報を集めている人も多いでしょう。
シーシャのメリットは、ゆったりと煙をくゆらせて寛いだ時間を過ごせるところにあります。
また様々なフレーバーを味わえるのも魅力です。
ただしシーシャにはデメリットもあり、その1つとしては道具が必要なため腰を落ち着けて吸う必要があるということが挙げられます。
それから提供しているお店で吸う場合には、それなりの費用が掛かるということも挙げられるでしょう。

リラックス効果が得られるシーシャの魅力

シーシャは、一般的な紙巻きタバコと比べて害が少ない、コミュニケーションツールになるといった魅力がありますが、最大の魅力と言えるのがリラックス効果です。
シーシャには柑橘系・ベリー系・フローラル系など様々なフレーバーがあり、好みのものを選ぶことができます。
自分好みのフレーバーを選び、煙の香りや味を楽しめば、アロマテラピーのように心身ともにリラックスすることができるでしょう。
また、シーシャは紙巻きタバコとは異なり、ゆっくりと時間をかけて喫煙するという特徴があります。
煙を深く吸い込んで、ゆっくりと吐き出すため、自然と深呼吸のような呼吸となりますが、深呼吸には自律神経の副交感神経を優位にするという効果があります。
副交感神経は休息時に活発になる神経なので、シーシャを吸うと心身ともに安らぐことが可能です。
加えて、深呼吸を行って副交感神経が活発になると自律神経のバランスが整うため、ストレス緩和も期待できます。

シーシャに含まれている成分に害はある?

シーシャに含まれている成分に害はあるのでしょうか。
これは、無いと言い切るようなことはできません。
シーシャとは水タバコとも呼ばれますが、その名前のとおり原料はタバコ葉であって、燃やすことは一般の紙巻きタバコと同じです。
紙巻きタバコには種々の有害物質が含まれていることは誰でも知っていることであり、それはこちらにも当てはまります。
ただ、シーシャの場合は紙巻きタバコとは異なって、燃やした煙を直接喫煙するのではなく、いったん水を通すという大きな違いがあります。
そのため、水に溶けやすい物質は大幅に少なくなることが期待されます。
しかしそれでもゼロになる保証などどこにもありませんし、ある程度減少したところで元の煙の中に多く含まれているとか、そもそも害の程度が大きい物質であれば最終的に無視することもできないでしょう。
また、水に溶けない物質はそのまま喫煙することになってしまうわけで、そこにも有害なものはあるかもしれません。

シーシャの専門店は未成年でも入店できる?

シーシャの専門店ですが、基本的には未成年は入店さえもできないようになっているはずです。
シーシャは日本では普通のタバコと同じ扱いであって、喫煙できるのは成人、つまり20歳以上の人だけとされています。
もちろん、理屈の上では喫煙が認められていないのであって、その場所に入店するだけであれば法律上は問題ないとも言えるわけですが、これは見苦しい言い訳でしょう。
専門店である以上、入店して他に何をするのですか。
まともな店であれば、喫煙しないのであればお店に入るのはOKとしているようなことはなく、そもそも入店お断りとしているはずであって、その方がより安心できるということです。
ちなみに、タバコ葉を一切使わず、フレーバーのみを楽しむタイプのシーシャも存在しますが、たとえタバコ葉やニコチンを一切含まなくても、喫煙具を利用するには法律上も成人でなければならないとされていますので、この点も併せて注意しておきましょう。

シーシャと電子タバコの明確な違いとは?

シーシャは水タバコの一種であり、水を通してタバコの煙を吸引するものなので、紙巻きタバコよりも喉への負担が少ないといった特徴があります。
シーシャと電子タバコの明確な違いはサイズ感で、電子タバコは手のひらサイズのコンパクトなものなので持ち運びにも便利ですが、シーシャの場合は30cm〜1m程度のサイズで中には水を入れることになるため、持ち運びには不向きといえます。
さらに電子タバコは、紙巻きタバコやアイコスなどのように合間時間を楽しめる嗜好品であることに対し、シーシャは1〜2時間かけてじっくりと味わう使用方法となっているので、気持ちをリフレッシュさせたいときやリラックスしたいときなど、好きなタイミングで手軽に使用できるかどうかという点でも明確な違いがあります。
また、体への害という点では電子タバコの方がタバコ葉を一切使用していないため、どちらかといえば電子タバコの方が健康的に使えるアイテムといえます。